“レリアンが自信を持ってご紹介するストール【Johnstons of Elgin】【G.BINDA】”

レリアン
08

mono物語、第8回目。
今回は、レリアンと長い歴史を積み重ねたインポートのストールメーカー【Johnstons of Elgin-ジョンストンズ オブ エルガン】【G.BINDA-ビンダ】のお話です。店頭で長年お客様の首元を華やかに演出し続けてきたストールは、レリアンが自信を持ってご紹介する自慢のアイテムです。

Johnstons of Elgin

1797年、スコットランド北東に位置するエルガンで創業した老舗ブランド「ジョンストンズ オブ エルガン」。ロッシー川のほとりにエルガン・ミルを創立し、精巧な技術とこの上なく美しい織物という遺産を築き上げました。

200年以上にわたってジョンストン家とハリソン家のファミリーが経営に携わり、カシミヤやビキューナ、メリノウール、ラムズウール、キャメルヘアーなどで使った生地、スカーフ、ホームファーニシングなどを作り続けています。現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで一貫して自社工場で手掛ける英国内唯一のブランド。1840年代より続くタータンチェックは、モダンブリティッシュのスタイルアイコンとして世界中の淑女や紳士に愛され続けています。

ジョンストンズ オブ エルガンは200年を超える織物業の伝統と専門技術を持ち、高品質の天然素材を使用した卓越したクラフトマンシップから、色褪せることのない美しさを持つ製品を生み出します。 技術への献身と製品への愛情は、カシミヤと上質なウールのエキスパートとして世界をリードし、選び抜かれた繊維原料のみを調達して、世界有数のラグジュアリーブランドに製品を供給することを可能にしています。

モンゴル産と中国産のカシミヤ、そしてオーストラリア産のメリノウールは愛情を込めて育てられており、その際立つ品質と耐久性が常に保証されています。

メイド・イン・スコットランド

ジョンストンズ オブ エルガンは、スコットランドで唯一、天然繊維を原毛の状態からすべての工程を経て完成品に仕上げる、自社工場での一貫生産を続けるメーカーです。スコットランドという土地にこだわり、エルガンとホーウィックの両工場において、熱心な職人たちが愛情を込めて織物やニット製品を作っています。中には50年近くにわたって技術に磨きをかけている職人もいます。長い歴史に根づいた経験と伝統は世代を越えて受け継がれており、現在の製品にも反映されています。

糸から美しく作り上げられる、時代を越えて愛される製品を生産することに熟達したジョンストンズ オブ エルガンの製品は、永く使えるように作られています。創業以来、そしてこれからも、メイド・イン・スコットランドのものづくりにこだわり続け、伝統を受け継ぎながら美しい製品を生み出していきます。

G.BINDA

G.BINDAはCOMO(ITALY)でGianni Bindaによって1945年に設立されました。
同社は、現在3世代目の工場長Giovanni(ジョバンニ = 兄)と社長Michele(ミケーレ = 弟)によって経営されています。Micheleがコレクションを持ち、全世界を駆け巡り営業しているのに対しGiovanniは、工場長として全生産に目を光らせ管理しております。

当初はスカーフを専門に手掛けており、ハンドプリントや抜染プリント、繊細な点描柄などの特殊技術の向上に努めました。その結果、イタリア国内はもとよりアメリカやフランスの世界のマーケットにおいても、プリント技術が高い評価を得られるようになりました。
ペイズリー柄に代表される型枚数を多く使用したその配色の美しさは他に類を見ません。年間800~1200柄のスクリーンを起こしており、今ではCOMO唯一の技術の高いメーカーとして知られています。

通常、日本での商売は年に4~6回、Micheleが直接サンプルを持って来日するのみで、シーズンのスクリーンパネルや新作サンプルは日本に存在しておりません。しかし、レリアンの別注などの要望には敏速に対応してくれる、そのスピードおよび柔軟性には驚かされます。その影には、やはり自社工場を持ち、工場長がMicheleの兄であるという事が最大の武器となっています。

レリアンでは長年G.BINDAが得意とするペーズリー柄のストールを販売し続けています。春夏はシルクシフォン、シルク楊柳、シルクツイル素材を中心に。秋冬はシルクからカシミヤまで幅広く季節に合わせて素材の変化をお楽しみいただけます。

レリアンとの取り組み

世界でも名高い【Johnstons of Elgin】と【G.BINDA】は、レリアンと長年の信頼関係の元、企画しております。

多種多様な柄が魅力のチェック柄やペーズリー柄は、レリアンが取り扱っている商品すべてがオリジナル柄です。たった一本のラインひとつでもサイズや幅、色などで大きく印象が変化してしまうので、何度も打ち合わせを重ねることで納得のいく商品に仕上げていきます。その結果、飽きの来ない永く愛せるオリジナルのストールが出来上がります。これからもお洒落のアクセントアイテムとして華やかに演出し続けます。

2020AWの【Johnstons of Elgin】と【G.BINDA】はこちら